青汁イメージ

冷え症の改善と予防ができます

冷え症と言えば、たくさんの方が悩んでいる症状です。
大人の女性に多いイメージがありますが、男性の中でも、この症状で悩んでいる方が多くいます。
近年では、大人だけではなく、子供にも症状がみられます。
大人も子供も、症状を自覚する人の数は増え続けています。
つまり、年齢や性別を問わず、多くの方が悩んでいるのです。
一種の現代病であるとも言えます。
病院に相談してみても、検査では異常が見つかるわけではないため、はっきりとした病名がつかないのが現状です。
いわゆる不定愁訴のひとつです。
不定愁訴とは、原因がまったく不明であるにも関わらず、自覚症状として体の不調をはっきりと感じることです。
医師に相談しても解決しない症状について、体質というひと言で片付けてしまうのは、精神的に辛いものです。
そこで、自分で行う対処法が必要となります。
おすすめしたいのが青汁です。
こちらには青汁の詳しい解説が掲載されています。
冷え症の原因の一つは、血行不良です。
血行が悪いことで、体が冷えてしまいます。
代表的なものは、手足の末端の冷えです。
特に、気温が低い冬場は、手足の末端が冷えるのは辛い状態です。
そのため、靴下を二枚重ねたり、お風呂で体を温めたりして、体を温める努力している方も多いはずです。
青汁には、ビタミンやミネラルなどの栄養素がたくさん含まれています。
食物繊維も豊富で、栄養たっぷりです。
飲むことで、代謝が活発になります。
代謝が活発になると、老廃物の排出がスムーズになり、血行が良くなります。
多くの方がご存じのように、ドロドロ血液は万病のもとであると言われています。
老廃物などがスムーズに排出されることによって、ドロドロ血液がサラサラ血液になります。
サラサラ血液と言えば、健康の証です。
サラサラ血液となって、血行が良くなると、体が温まります。
飲むだけで、血行不良が改善されるのです。
それから、冷え症の原因は他にもあります。
自律神経の乱れです。
青汁には、この自律神経のバランスを整える働きがあります。
自律神経は、冷えだけではなく、あらゆる不定愁訴の原因にもなっています。
自律神経のバランスを整えることは、全身の健康のために必要なことです。
青汁には、冷え症を改善したり、予防するパワーがあります。
お子さんも飲むことができますから、家族で改善と予防ができるというわけです。
飲み方を工夫することで、さらに効果を高めることができます。
しょうがは、体を温める食材の代表選手です。
しょうがをプラスして飲む方法がおすすめです。
こちらのサイトの青汁で気になるむくみを解消できるの解説もとても分かりやすく、参考になりますので、ぜひご覧ください。
また、青汁を飲むと便が変わる?の記事もおもしろいですよ。

またコエンザイムQ10も冷え性、貧血、美容に効果があります。
http://www.yukuru.jp/cos.html

Copyright(c) 2013 野菜.com All Rights Reserved.