青汁イメージ

青汁に多く含まれるNK細胞とは

青汁は健康にとてもいいと言う事はみなさんご存知かと思います。
青汁を始めてみたい方は、こちらの青汁比較ランキングも参考になりますが、ではどんないい効果が身体に見られるのかを見ていきたいと思います。
まず、飲み始めてから、早い段階で感じる事ができるのは、便秘の解消です。
これは食物繊維が豊富に含まれているということから、腸内の活動を正常化させるのです。
また身体に貯まっている老廃物を排出することで、肌に潤いを感じる事ができます。
また、青汁を飲む事で、野菜不足を解消することができるので、体調が良くなったことを実感する事ができます。
また現在注目を集めているのが、ナチュラルキラー細胞、別名NK細胞を活性化させる事ができると言う事です。
ナチュラルキラー細胞は、別名NK細胞で、殺傷能力を備えている免疫細胞のひとつで、癌細胞の進行を防止する、とても優れた免疫細胞なのです。
またNK細胞は、活性酸素を除去する働きをすると言われています。
活性酸素というと名前の響きだけ聞くと、ポジティブなイメージに捉えがちですが、実はウイルスによる感染症以外の病気のうち、大半が、この活性酸素が原因であると言われています。
活性酸素が私達の身体に侵入する事により、細胞膜や、遺伝子が傷つけられ、錆びつかされるのです。
それにより、老化が促進されたり、身近な例で言いますと、シミやソバカスになったり、また高血圧、心臓病、脳出血、糖尿病、肩コリ、肌の衰え、などが引き起こされると言われているのです。
また血液の循環を鈍らせ、ドロドロににごらせ、血管までをも老化させていくのです。
活性酸素の主な原因はストレスや、栄養不足から生じ、また、外部からは紫外線や、放射能、喫煙、電磁波、環境ホルモン、車の排気ガスからも生じると言われています。
しかし、そんな活性酸素も、青汁に含まれるNK細胞が除去してくれるので安心です。
私達は現在、ストレス社会に生きています。
日々の疲労や、将来の不安などで、不眠にお悩みになられている方もいらっしゃる事と思います。
実は青汁には、ケールという野菜が配合されているのですが、ケールには睡眠ホルモンと言われているメラトニンが他の野菜に比べて数十倍もの量も、含まれています。
メラトニンは、人間の身体の体内時計のコントロールを適切に行う物質で、夜間に多く分泌され、睡眠を促し身体を休ませる効果があります。
またメラトニンは睡眠導入効果だけではなく、活性酸素を除去してくれる働きもあるので、若返りにも効果があるのです。
こちらの青汁服用に際しての注意のページも参考になさってみてください。

また抗酸化作用については、コエンザイムQ10も注目されています。
http://g-collection.web5.jp/kz3.html

Copyright(c) 2013 野菜.com All Rights Reserved.