青汁イメージ

ビタミンkと動脈硬化予防

近年では、毎年のように野菜不足が問題視され続けています。
それは野菜嫌いが多い子供だけでなく成人でも野菜不足であるケースが多いです。
それはただ野菜が嫌いというわけでなく、コンビニ弁当や外食などが多くなることが原因の一つと言われています。
その野菜不足を補うためにも青汁は非常に重要です。
特に中高年の人には、積極的に摂取するべきものです。
というのも、野菜や青汁といった植物にはビタミンkが含まれているからです。
この成分は血液凝固や骨代謝に大きく関わっているものです。
骨粗しょう症など骨が脆い人にも摂ってもらいたいですが、特に重要視するべき作用は動脈硬化の予防です。
というのも、ビタミンkには動脈にカルシウムが沈着することを防いでくれるからです。
カルシウムが沈着してしまうと血管はガラス管のようにカチンカチンの動脈硬化になってしまいます。
簡単な衝撃でガラス管は割れてしまうように動脈硬化の血管はすぐに破裂してしまいます。
その破裂したところが心臓だったら心筋梗塞、脳みそで起これば脳梗塞になり、死を招いてしまう恐ろしい状態に陥ってしまいます。
その恐ろしい状態を予防してくれるのだから、摂ることがとても重要だと言えます。
心筋梗塞は心疾患の一つであり、脳梗塞は脳血管疾患の一つです。
心疾患と脳血管疾患は癌(悪性新生物)と合わせて日本三大死因に数えられています。
つまり、日本人のほとんどが心疾患と脳血管疾患で亡くなってしまいます。
その原因を作っているのが動脈硬化であり、野菜不足であり、ビタミンk欠乏となるわけです。
決して侮ることができない重要な問題であることがこれでわかります。
特に、動脈硬化になる世代は40代以上の男女で急激に増えていきます。
そのため、40歳からきちんと野菜を摂取することが必要となってきます。
でも、仕事で忙しいときはそう簡単に野菜を摂取できないのが実情です。
だからこそ、青汁が一番良いのです。
こちらのサイトでは、栄養補給する青汁ダイエットについて詳しく解説していました。是非ご覧ください。
現代人がなりやすい生活習慣病にはイソフラボンも効果的なので、一度試してみてください。

今では粉末状で持ち運びしやすいタイプのものも販売されています。
水に溶かして飲むだけの気軽なものですから、どんなに仕事が忙しくてもこれで野菜不足、つまりビタミンk不足を解消することができます。
40代というと子供も高校・大学といろいろとお金がかかる世代です。
だからこそ、健康に気遣って元気にバリバリと働けるように努力する必要があります。
もしも、親がそれを怠っているようならば、子供が青汁をプレゼントするのも一つの手段です。
こちらのサイトでは、さまざまな青汁について、徹底比較しています。優秀青汁ランキングを参考に選んでみるのはいかがですか?。

Copyright(c) 2013 野菜.com All Rights Reserved.