青汁イメージ

青汁を買うなら中国産より国産を選ぶ

 健康に気を配っている人がよく摂取しているのが青汁です。
日本人の食生活が洋風になっていくにつれて、野菜の摂取量が減ってきています。
健康のためには1日に350グラム以上を摂るように勧められていますが、現在の食生活では難しいのが実情です。
そのための補助食品として青汁が注目を集めているのです。
 青汁の原料はいろいろあります。
主な物としてはケール、明日葉、大麦若葉などが使われています。
それぞれに特徴があり、ケールや明日葉は含まれている栄養素が多いことで知られています。
大麦若葉は、青臭さが少なく、味になじみやすいのです。
 これらの材料は、いずれも栽培に苦労が少ないと言われています。
明日葉は刈った葉が明日には生えてくるからというのが語源とも言われているぐらいです。
 しかし、原料は厳選をしなければなりません。
青汁はそのままの形で口に入る食品ですから、化学薬品などが混入しては決していけないからです。
つまり栽培されているときに、農薬が使われているかどうかを注目しなければならないのです。
青汁ができるまでの流れ、そういった意味では、やはり中国産には不安が残ります。
中国は全てに効率重視で、育てるためにはどんな手段も使うことが問題となっています。
 農産物の残留農薬が問題になったことも記憶に新しいところです。
そうなると原産地に関しては少なくとも国産であるほうが安心度は高まります。
国産でも無農薬でなければ意味がありませんから、しっかりと確認することが必要になります。
こちらのサイトの日本発祥の青汁についての詳しい解説も、是非ご覧になってみてください。
 原材料に対して安全を確認すれば、あとは味が勝負の分かれ目となります。
毎日、定期的に摂取しなければ効果は望めませんから、味は重要な要素となります。
 大麦若葉をベースにした商品は口当たりが良いと言われています。
今では抹茶風味を謳う商品も多く、お茶に抵抗がない人であれば、飲み続けることは可能でしょう。
しかし基本的に苦いものが苦手という人にとっては、抹茶でもつらいものがあります。
子供も苦い物が苦手なケースが多いので、このパターンに当てはまります。
 そんな人にとっては、飲み方を工夫する必要があります。
一番手軽なのは甘みをプラスすることです。
はちみつを混ぜることで、口当たりは格段に良くなります。
しかしあまり多く混ぜてしまうとカロリーが増えてしまい、悪影響を及ぼしてしまう可能性も出てきます。
 どうしても飲みづらいという場合には、ゼリータイプの商品を選ぶのもいいでしょう。
口当たりはお菓子感覚ですから、抵抗なく続けられる可能性が高まります。
こちらのサイトの解説買うなら通販がお薦めも、是非ご覧になってみてください。
また初めて飲まれる方は、商標登録された青汁はいかがでしょうか。


Copyright(c) 2013 野菜.com All Rights Reserved.